ログイン 新規会員登録
ほしい物リスト カートを見る

2002 GRAND PRIX 年間総集編

2ストローク500ccから4ストローク990cc、"MotoGP"クラスへと変貌を遂げ、新たな時代に突入した世界グランプリ。
ディフェンディング・チャンプであるバレンティーノ・ロッシが宿命のライバル、マックス・ビアッジを抑え、連覇を達成する!
"ザ・ドクター"が、前年500ccクラス最後の王者の座を射止めたのに続き、今度はMotoGPクラス最初の王者の座に輝いた!

¥3,740(税込)

  • 商品番号 WVD-131

数量を選択


ほしい物リストに追加

問い合わせ

この商品の仕様

DVD 本編:55分/片面1層/リージョン2/4:3/日本語字幕/音声:1.英語/ドルビーデジタル
(C) 2002 DORNA SPORTS,S.L
JAN:4938966008050

この商品について

グランプリ年度別総集編!
2002年日本人ランキング:宇川徹3位、阿部典史6位、加藤大治郎7位、中野真矢11位、青木宣篤12位、他

2002シーズン

レギュレーションの大幅な変更により、50年あまり続いた500ccクラスに代わり、MotoGPクラスとして新たな時代に突入。500cc 2ストロークマシンと990cc 4ストロークマシンが混走した02シーズン。前年500ccクラス最後の王者となったバレンティーノ・ロッシ。
最大のライバルであるマックス・ビアッジに加え、チームメイト宇川徹や、01シーズン250ccチャンピオンの加藤大治郎がロッシの前に立ちふさがる。
開幕からRC211Vのパフォーマンスを引き出したロッシは、第2戦南アフリカGPこそ宇川徹とのトップ争いの末勝利を奪われるが、第9戦まで優勝を重ねる。

ホンダRC211V+バレンティーノ・ロッシ

だが、第10戦のチェコGPでは、リアタイヤのバーストによりリタイアし、その連勝は7でストップ。このレースで最大のライバル ビアッジが今シーズン初優勝を挙げるが、その後のロッシの勢いを止めることは出来なかった。
ロッシは全16戦中11勝を挙げ、驚異的な強さでMotoGPクラス初代チャンピオンを獲得した。
シーズン前は2ストローク500cc有利かと思われたが、ホンダRC211Vの完成度の高さが発揮され、終わってみれば4ストローク990ccが全勝。
開幕当初21台中7台だった4ストロークマシンも最終的に13台となり、その優位性を示す形となった。

収録レース/年間ポイントランキング

R-1 JAPAN/Suzuka
R-2 SOUTH AFRICA/Phakisa Freeway
R-3 SPAIN/Jerez
R-4 FRANCE/Le Mans
R-5 ITALY/Mugello
R-6 CATALUNYA/Barcelona
R-7 THE NETHERLANDS/Assen
R-8 GREAT BRITAIN/Donington Park
R-9 GERMANY/Sachsenring
R-10 CZECH REPUBLIC/Brno
R-11 PORTUGAL/Estoril
R-12 RIO/Jacarepagua
R-13 PACIFIC/Motegi
R-14 MALAYSIA/Sepang
R-15 AUSTRALIA/Phillip Island
R-16 COMMUNITY OF VALENCIA/Cheste

1. バレンティーノ・ロッシ HONDA/355
2. マックス・ビアッジ YAMAHA/215
3. 宇川 徹 HONDA/209
4. アレックス・バロス HONDA/204
5. カルロス・チェカ YAMAHA/141
6. 阿部 典史 YAMAHA/129
7. 加藤 大治郎 HONDA/117
8. ロリス・カピロッシ HONDA/109
9. ケニー・ロバーツ Jr. SUZUKI/99
10. オリビエ・ジャック YAMAHA/81

この商品のレビュー

商品レビューを書くと毎月10名様に、抽選で「オリジナルステッカー」が当たります!
※レビューを書くには会員登録の上、ログインする必要があります。レビューの掲載は管理者による承認制です。