ログイン 新規会員登録
ほしい物リスト カートを見る

バレンティーノ・ロッシ自叙伝
-もしも、僕が新たなその一歩を
踏み出していなかったとしたら-

世界中で話題を集め、各国ベストセラーとなったバレンティーノ・ロッシ自叙伝!1996年に世界GP参戦以来、全クラスでチャンピオンを獲得しているバレンティーノ・ロッシ。ライディングもさることながら、パフォーマンス、キャラクターは世界中のファンを釘付けにする!この自叙伝を読むとさらにロッシの虜になってしまう…。

¥3,080(税込)


数量を選択


ほしい物リストに追加

問い合わせ

この商品の仕様

書籍/B5変形/上製(ハードカバー)/モノクロ389ページ内16ページカラー/著者:バレンティーノ・ロッシ/共著:エンリコ・ボルギ/翻訳:西村章/(c)2005 Valentino Rossi
ISBN:4-900843-50-4

この商品について

「ロッシは特別!そう認めざるを得ない」阿部典史
「史上最高のGPライダーだ。僕が彼の幼少時代のヒーローで、今は友人なんて光栄さ」ケビン・シュワンツ

世界中の話題を集めた自叙伝!

~天性の才能が授けられ、彼はそれを生かした~
5年連続2輪ロードレース世界王者に輝き、頂点に君臨する“ザ・ドクター”バレンティーノ・ロッシ。
ライバル達を寄せ付けない圧倒的なテクニックとポテンシャル。
彼の走りや言動は常に世界中のファンの注目をあびる…。

ロッシの本音が詰まった一冊!

とにかくバイクに乗ってレースをしたかった幼少時代。
“常勝”の影でプレッシャーと戦ったホンダ時代。そして、ヤマハへの移籍に対する苦悩や葛藤…。
天才と称されるバレンティーノが何を考え、何をしたか。その全てが明らかになる!
誰も知らなかった彼の全てがこの一冊に詰まっている!
チャンピオンが何を考え、行動したか、今その全てが明らかになる!

あの時、舞台裏ではどんなことが起こっていたのか…

2003年チェコGPの開幕時に開かれた歴史的なミーティング
2003年の夏、それまでHONDA RC211Vで王者として君臨していたバレンティーノ・ロッシは、YAMAHAに移籍することを決意した。チェコブルノでロッシとジボとウーチョ、そして見張り役のネロを引き連れて、YAMAHAのジャービスとブリビオとシークレットミーティングを行った。
選ばれた場所は、人目につきにくい最終コーナー側に設営されていた“クリニカモビレ”。カギのかかっていなかったテントのジッパーを開けミーティングを行っていたその時、夜警が巡回してきた。「スクーターが来る!」ヘッドライトが近づいてきたとたん叫び声を上げた。
「隠れろ!隠れるんだ!早く!」
5人の大人はとっさに小さなテーブルの下に潜り込み、難を逃れた…。
そしてロッシはブリビオの手を掴み、力強く握った。
その握手でロッシは心中、決意を固めた。

この商品のレビュー

商品レビューを書くと毎月10名様に、抽選で「オリジナルステッカー」が当たります!
※レビューを書くには会員登録の上、ログインする必要があります。レビューの掲載は管理者による承認制です。

投稿者:いの 投稿日:2008.02.11

ロッシの幼少のころからヤマハ移籍後までとても楽しく読めました

投稿者:F21 投稿日:2007.07.05

ロッシの写真集がほしいです。

投稿者:hirohiro 投稿日:2006.11.14

天才  

投稿者:ぽん 投稿日:2006.09.15

自叙伝届きました!で、早速読み終わりました! バレンティーノが、日本語で喋っているように感じるくらい自然に読むことが出来ました。 内容は、期待していた以上にバレンティーノ・ロッシを知ることが出来たので、最高でした!!!!! バレンティーノ・ロッシへのファン度がさらに高まります♪

投稿者:M1 投稿日:2006.09.07

洋書で出ていたのは知ってましたが、ずっと日本版が出ることを心待ちしていました。早速読ませていただきましたが、のめり込みました!日本GPが楽しみです。