250cc Final Round in 1993
原田哲也タイトル獲得の日

1993年最終戦 スペイン ハラマ。原田哲也が250cc世界チャンピオンを劇的な結末で獲得した、記念すべきレースをノーカットでDVD化。
当時テレビ大阪で放送されなかった、未公開の部分も盛り込んだ完全収録音声。実況はもちろん千年屋アナ。特典映像は見逃せない!

¥3,024(税込)

  • 商品番号 WVD-196

数量を選択


ほしい物リストに追加

問い合わせ

この商品の仕様

DVD 本編:52分 特典映像55分/片面2層/リージョン2/16:9/音声:1.日本語実況+現場音 2.現場音/ドルビーデジタル
(C) 1993 DORNA SPORTS,S.L
JAN:4938966003550

伝説のライダー 原田哲也!

1993年。この年に世界グランプリ250ccクラスにデビューを果たした原田哲也は、開幕戦においてジョン・コシンスキーを僅差で破る衝撃のデビューを果たす。
以降ポイントリーダーであり続けた原田だったが、ロリス・カピロッシがその前に立ちふさがる。原田はそのカピロッシに10ポイントの差をつけられて、最終戦を迎えた。
1993最終戦FIM GP ハラマ。予選でポールポジションを獲得したのはカピロッシ。対する原田は5番手からのスタート。
誰もがカピロッシのタイトル獲得を確信している中、原田はこのレースを優勝することだけを考え決勝に挑んでいた…。

3大特典映像

◆1993年 世界選手権ロードレース 250ccチャンピオンダイジェスト
1993年に発売された、W.G.P. Official Video チャンピオンスペシャル250cc原田哲也の映像を、DVD版として復刻。

◆原田哲也 独占インタビュー
2009年11月にモナコの自宅で撮影された、原田哲也独占インタビュー。
当時の世界選手権への思いや、チャンピオンを獲得した93年について、さらに、カピロッシらライバル達や、今後の日本のレースシーンへの願いを、現役を退いた今、語る。

◆千年屋アナ×山田純 対談
TV中継でおなじみの千年屋俊幸氏(テレビ大阪)と山田純氏。この2人の証言者が16年前の記憶を掘り起こす。
当時の緊張感やトラブル。そして“電話回線”で行われた中継の舞台裏…。
劇的な展開となった最終戦ハラマの模様を現在の2人が証言する!

この商品のレビュー

商品レビューを書くと毎月10名様に、抽選で「オリジナルステッカー」が当たります!
※レビューを書くには会員登録の上、ログインする必要があります。レビューの掲載は管理者による承認制です。

投稿者:たま 投稿日:2010.03.12

現在と違い非常に少ない情報の中での初参戦!まずはデビューWinという事だけでも異常な事態なのに、ルーキーにしてチャンピオン獲得をやってのけた原田選手はやはり“天才”と言う他無いでしょう!その瞬間を当時の感動のまま目にする事が出来るこの作品は、ファンにとって感謝の一言に尽きます。まだご覧になっていない方、必見です☆