ログイン 新規会員登録
ほしい物リスト カートを見る

1989鈴鹿決戦 FIM世界選手権ロードレース第1戦

発売日:2020.06.24

1989年3月26日 世界選手権ロードレース開幕戦、日本グランプリの決勝レースが行われた。
唯一の11秒台で、ポール・ポジションを獲得した平忠彦。レースでは、なんとヤマハから復帰したフレディ・スペンサーが9番手ポジションからロケットスタートを見せて、1コーナーへと向かう。
しかし、ホールショットはウェイン・レイニーが奪った。3番手スタートのケビン・シュワンツが徐々にそのポジションを上げていき、レースはレイニーとシュワンツの一騎打ちとなっていく。
激しくスライドするリアタイヤ、ターマックに残るブラックコンパウンド。世界中のレースファンは、固唾を呑んで両者のライディングを見続けた。

¥2,420(税込)

  • 商品番号 WVD-524

数量を選択


ほしい物リストに追加

問い合わせ

この商品の仕様

DVD 本編:58分 特典映像5分/片面1層/リージョン2/4:3/音声1.日本語実況/ドルビーデジタル
(C) Duke Marketing Ltd. (C) Videovision Broadcast Production
JAN:4938966011418

この商品について

実況:みし奈昌俊 伊藤春雄/協力:鈴鹿サーキット
音声はレースの雰囲気を再現するため、当時サーキットで流れていた実況放送を使用しています。
決勝:3月26日/天候:くもり/観客数:84,000人

ケビン・シュワンツvsウェイン・レイニー

1989年世界選手権グランプリシーズン開幕戦の舞台となった鈴鹿サーキット。
エディ・ロ-ソン、ワイン・ガードナー、フレディ・スペンサーといった強豪がひしめく中、シュワンツvsレイニー、スズキvsヤマハのGP史上に残る名勝負、鈴鹿決戦は始まった…この名勝負は長い年月を経ても、色褪せることなく輝き続ける。

サイド・バイ・サイドの戦い!

当時の空気を再現すべく、サーキットの実況をそのままノーカットで収録。
コーナー出口のいたるところでブラックマークを残し、何度もトップの入れ替わりを演じる2人

特典映像:それぞれ自宅での未公開インタビュー
-レイニーとシュワンツの口からは、意外な真実が語られた!

封入特典

藤原らんか描き下ろし!永遠のライバルシュワンツvsレイニーのアートカードが入っています。

この商品のレビュー

商品レビューを書くと毎月10名様に、抽選で「オリジナルステッカー」が当たります!
※レビューを書くには会員登録の上、ログインする必要があります。レビューの掲載は管理者による承認制です。