ログイン 新規会員登録
ほしい物リスト カートを見る

1991鈴鹿伝説
FIM世界選手権ロードレース第1戦
日本グランプリ 500cc

発売日:2020.08.24

語り継がれる伝説的なレース1991年鈴鹿サーキット。スタートからチェッカーまで続くサイド・バイ・サイドの戦い!コンマ5秒に4台が入る伝説のレース。実況は当時のTV放送でお馴染みの千年屋アナウンサー!ノーカット版で収録!全てのレースファン必見のDVD。

¥2,420(税込)

  • 商品番号 WVD-526

数量を選択


ほしい物リストに追加

問い合わせ

この商品の仕様

DVD 本編:62分 特典映像8分/片面1層/リージョン2/4:3/音声:1.日本語実況/ドルビーデジタル
(C) Duke Marketing Ltd. (C) Videovision Broadcast Production
JAN:4938966011432

この商品について

実況:千年屋俊幸 ゲスト:清水國明 解説:福田照男 ピットレポート:山田純
音声はレースの雰囲気を再現するため、テレビ大阪で製作されたものをそのまま使用しています。
Final:24 March/Weather:Fine/Spector:91,000

手に汗握った あの激闘!

1991年3月24日 ロードレース世界選手権第1戦 日本GP 鈴鹿サーキット。
ディフェンディングチャンピオンのウェイン・レイニー。"最速男"ケビン・シュワンツ、ルーキーのジョン・コシンスキーそして、ミック・ドゥーハン。
重要な開幕戦となる舞台の鈴鹿サーキット。チェッカーが振り下ろされるその時まで、激しい争いが展開され、詰め掛けた9万人の観衆はその伝説の戦いを目撃した。

限界まで攻めあう4台!

オープニングラップからレースリーダーの座を奪い合うレイニーとシュワンツ。
そこに圧倒的なスピードをストレートで発揮するドゥーハンが割り込み、さらにルーキーであるコシンスキーがファステストラップを叩き出す。オープニングラップからチェッカーまで続くサイド バイサイドの戦い。
お互いのラインは交錯し、タイヤも限界に達しつつある中、コンマ5秒の中に4台がひしめき合う伝説のレースとなった。

特典映像/予選ダイジェスト
ケビン・シュワンツ、ウェイン・レイニー、ミック・ドゥーハン、ジョン・コシンスキー
彼ら4人の予選の模様をダイジェストで振り返る。

藤原らんか描き下ろしアートカード封入!

藤原らんか画伯が描き下ろした「ケビン・シュワンツのウイニングラン」

この商品のレビュー

商品レビューを書くと毎月10名様に、抽選で「オリジナルステッカー」が当たります!
※レビューを書くには会員登録の上、ログインする必要があります。レビューの掲載は管理者による承認制です。